スマホアプリ

AIで英語発音を上達させるアプリ

ECCは英語で話すとキャラクターが反応する英会話アプリ「おもてなCity」をApp StoreとGoogle Playに公開した。近大附属小学校でも授業に取り入れる実証実験を行なっている

詳しく読む
RELATED POST
コミュニケーション・会話

話した言葉を瞬時に翻訳→音声化する多言語翻訳アプリ NICT

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語翻訳アプリ。話し言葉を任意の外国語に翻訳(入力18言語、出力14言語)。テキスト翻訳も可能

2018/10/27 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
スマホアプリ

入力テキストに合った絵文字候補提示 アルファベット(Google)

Googleは、モバイルキーボードアプリ「Gboard」に入力中のテキストの内容に合った絵文字やGIF、ステッカーの候補をAIが提示する機能を追加した

2018/11/13 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました
教育・学校

いじめ検知→担任教員や校長に自動通知 Soter Technologies

アメリカやカナダでは、いじめや電子タバコの検知などに、Soter Technologiesが開発したセンシング装置「フライセンス」が活用されている。たとえば、学校のトイレで普通とは違うレベルの騒音が発生した場合、ケンカやいじめを疑われる状況になったとき、校長や担任教員に自動通知される。アメリカとカナダではすでに200以上の学校で導入されている

2018/11/12 別サイトで詳しく読む
AI活用事例 集めました